TOP 羽生ノート 稽古場日記 公演情報 役者紹介 作品一覧 販売 BBS メール
役者紹介
私の役者たち
杉山雅紀   笹本純一
杉山雅紀
呼称マサキ。静岡県藤枝市生まれ。名門藤枝東高校サッカー部出身。『覇王伝』の際にかき集められたカラミメンバーの一人として知り合った。あの時のカラミは皆本当に優秀で、芝居メンバーの出来が悪いと「カラミと総取っ替えしてやる!」とわめいたものだ。その中でも特に優秀だったのが雅紀である。8年後に再会し、以来私の芝居で主役を張り続けている。
笹本純一
じゅんじゅん。神奈川県相模原市出身。『寒い国から来た魔女』で知り合う。バラ園農家の跡取りという私には夢のような境遇にあるが、跡取るのか取らんのか知らん。プロフィールには趣味「畑仕事」と書いてあった。趣味かよっ。特技は「草むしり」とも書いてあった。特技かよっ。稽古場で時々、この子には演劇の神様がついていると感じることがある。
 草野智博  乃芙斗
草野智博
トミー。埼玉県は浦和の出身。私が役者だった頃からの古い仲間だ。知り合った時からものすごい勢いで小劇場の舞台に出まくっている。私の芝居は『ロンググッドバイ』からの出演。少しのウォームアップで直ぐにハリのある大きな声を出すことができる。作詞・作曲ができて脚本・演出もできて、しかもギターが弾ける。多才の人。現在私が最も頼りとする役者の一人。 
乃芙斗
nob。芸名が変わっても私には永遠にnob。島根県松江の産。ダブルフォックス所属。知り合ったときは綺麗なお顔にブツブツができていた。ブツブツができていても一目ぼれだった。『ベジタブルスカイ』以来ずいぶん長い付き合いとなったが、それでもまだ男優陣の中で一番の若さを誇るのね。私にとってnobであり続ける限り、私のnobへの愛も永遠である。
園部啓一 
四柳雅人
ウブヲ。東京都三鷹市生まれ。知り合った時は慶応の学生だった。同じ演出家の薫陶を受けているので同士的思い入れがある。その演出家の死体の前で「俺を玉組に出せ」と脅されてこの成り行きとなった。有名百貨店の役職。妻と子供三人あり。祖父は能楽師という驚きの血脈。好きなものは「女の愚痴とため息」。もちろん私がたっぷり聞かせてあげる。
園部啓一
ソニー。東京都立川市出身。81プロデュース所属。知り合った時、歌って踊れて芝居のできる早大生だった。学生のくせに良い匂いをさせてトレンチコートを着ていた。現在は声優。毎週欠かさず観ているNHK『趣味の園芸』のナレーションがソニーだったのでTVの前でひっくり返った。高円寺の小汚い酒場でウブヲと一緒に出演を口説いた。即決を感謝している。
 森垣千歳  コサカタカシ
森垣千歳
チトセ。東京都新宿育ち。『覇王伝』で主役の信長を演じた。知り合ったきっかけはうちの役者の友達だったからかな。よく覚えていない。『地下室のダンディ』に出演したのち音信不通。結婚したとか離婚したとか車の免許を取ったとか、どうでもいい情報だけは細かく私の耳に入っていた。この度の再会を私がどれほど喜んでいるか、千歳は知らないと思う。
コサカタカシ
タカシ。長野県須坂市生まれ。集団asif~所属。私と誕生日が同じであると今知った。だからどうだってわけでもないが、どうでもいいなりにちっと嬉しい。『午前2時、パンプキン通り』で知り合った。稽古期間中、歌ったり踊ったり凹んだり膨らんだりと大忙しだったが、私の稽古場と相性がいいなとずっと思っていた。アパレル業界出身のオシャレさん。
 田中晶  須藤佳美
田仲晶
アキラ。千葉県八千代市出身。team☆G-VA主催。トミーが出演した舞台で見つけた。見つけたはいいが私はオファーなんぞしたことがないのでドキドキして、会うまでに4ヶ月もかかった。かかりすぎである。でも会ったら私の人見知りは一瞬で氷解した。謙虚で優しく、そして小劇場を愛していた。小劇場を全うする女優だろうと思う。長い付き合いを信じたい。
須藤佳美
ヨシミ。東京都稲城市生まれ多摩市育ち。友人に「声優志望のいい子がいる」と紹介されて知り合った。『ロンググッドバイ』が初舞台だったが勘の良さに驚いた。以来、玉組公演以外にも私が関係する舞台には必ず引っ張っている。昔の芝居仲間が死にかけていた時、私の家で彼の饒舌につき合ってくれた一晩に感謝している。私が死ぬ時もご近所だから来てね。
 木村麻理枝
中易亜夢
あむ。神奈川県出身。劇団ミクヴェ乃ロマン社所属。今回役者に20代が居ないという怖ろしい状況に陥り、タカシの尽力でやっと捕まえた虎の子である。「稽古場でおじさん達に絶対可愛がられるから」と言って落とした。もちろん私だって可愛がる。大事な女優さんを快くお貸し下さった劇団の皆様に感謝申し上げる。2ヶ月、玉組の女優であることをお許し願いたい。
 木村麻理枝
私はマリエと呼んでいるが仲間からはマリエモン。渋谷区恵比寿生まれ恵比寿育ち。初めて会った時は東京女学館高等学校の3年生だった。なにしろセーラー服を着ていたのだ。演劇部の仲間達と『双子の庭』を観て、玉組に入りたいと手紙を寄越した。玉組フレンズを経て『スペードの館』で初舞台を踏む。最後まで私に寄り添うと言っている。ま、どうせあとちょっとだ。